1. メタルマッスルHMB
  2. 初心者にオススメな腹筋トレーニング

初心者にオススメな腹筋トレーニング

女の子

腹筋を鍛えるトレーニングにも様々なものがあり、それぞれで難易度や腹筋への負荷が変わってくるものです。そこで今回は初心者におすすめしたい腹筋トレーニングを紹介。どの方法で腹筋を鍛えるか迷っている方は必見です。

まずはクランチをマスター

一般的に腹筋と呼ばれる、膝を立てて寝た状態で行うトレーニングをシットアップといいます。これも初心者向けのトレーニングではあるのですが、初心者の方にはまずクランチをマスターしてほしいところ。クランチ腰への負担が少なく、それでいて効果が高いとされています。クランチの基本姿勢は床に寝た状態で股関節と膝関節を90度曲げたもの。要は仰向けになってから足を天井にまっすぐ伸ばし、膝を90度曲げればいいわけです。

この時、肩甲骨は床につかないようにしてください。この姿勢になったら、膝に額をこすりつける感覚で体をグッと起こしていきます。あくまでも腹筋を鍛えるトレーニングですので、腰は浮かないように注意してくださいね。きちんと腹筋を使えていれば負荷はかなりのものなはず。もし腰が痛くなるようなら、おそらくやり方が間違っています。特に必要な道具もありませんし、初心者にはぴったりでしょう。

フロントブリッジもおすすめ

フロントブリッジも自宅で簡単に出来る初心者向けの腹筋トレーニングです。先ほどと違って基本姿勢はうつ伏せ。腕は手の先から肘にかけて床につけます。この時、肘は方の真下にくるようにしましょう。そうしたら上半身をグッと持ち上げ、つま先は立てて足から首にかけて直線になるようキープします。

そのままの姿勢で30秒ほどたったら体を落とし、インターバルを設けたら再開。これを何度か繰り返すうちに腹筋が鍛えられます。見た目的には簡単に見えるトレーニングですが、実際にやってみると感覚は変わるはず。コツはお尻や腰が下がり過ぎないことですね。

腹筋ローラーを使ってみる

腹筋ローラーを使ったトレーニングは道具が必要なうえ、やや負荷が大きくなりますが上記のトレーニングで自信がついてきたらチャレンジしてみるのもいいでしょう。腹筋ローラーとは小さめのタイヤの横に棒が貫通したようなアイテム。

棒の部分を両手で持ち、膝立ちから前にグッと体を落としていくことで腹筋を鍛えていきます。慣れてくると立った状態からローラーを転がして腹筋を鍛えられるようになります。行う時は広めの場所で、ローラーに頭をぶつけて怪我をしないように注意してくださいね。

【人気の記事】
腹筋上部を効果的に鍛える方法

【人気のサプリ】
メタルマッスルHMBの効果を検証

© 2017 メタルマッスルHMBの効果を検証 All Rights Reserved.